Articles

無傷の触覚検出まだ手を中心とした参照フレームにおける偏った触覚局在:解離からの証拠

我々は、触覚検出と触覚局在プロセスの機能アーキテクチャを調べるために、皮質下損傷を有するが、無傷の体性感覚視床皮質経路を有する個体の性能を調べた。 無傷の体性感覚thalamocortical経路と一致して、contralesional手の触覚検出は正常範囲内であった。 無傷の検出にもかかわらず、個体は実質的な局在バイアスを示した。 すべての局在化実験で、彼は一貫して彼の手の長軸に対して空間の左側に触覚刺激を局在化させた。 これは、対照的な手が手のひらを上にし、手のひらを下にし、胴体に対して90°回転させ、口頭での応答を行うときに観察された。 さらに,制御実験により,この応答パターンは運動応答誤差ではないことを示した。 これらの知見は,身体上の触覚局在は,特に手中心の基準フレームにおける固有受容情報によって影響されることを示している。 さらに、これはまた、触覚局在の側面は、プライマリ体性感覚thalamocortical経路の外の経路によって媒介されるという証拠を提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。