Articles

SI IMPERSONALE in Italian(+SI PASSIVANTE)

次のレッスンでは、留学生(そして一部のイタリア人)にとって非常に混乱するトピック、すなわちSI impersonaleに対処します。

イタリア語の

Il SI impersonaleは、不定かつ非特異的な主題(すべての人々)を含む出来事や状況について、孤立した方法で話すために使用され、話された言語と書かれた言語の両方で使用されます(ただし、この最後のケースではより多く使用されます)。

人や特定の人々のグループを指すSI riflessivoとは異なり、SI impersonaleは”la gente”、”le persone”(人々)、”tutti”(みんな)を置き換え、三人称、単数形、複数形で常に補助動詞essere(to be)で使用されています。

今、私たちはSI偽装を使用することができ、どのようにすべてのケースを見てみましょう:

1)推移動詞の単純な時制(現在、過去、未来…)で

動詞が推移的であり、直接の目的を取る場合、それは共役する必要があります:

–三人称単数では、撮影されたオブジェクトが単数である場合

–三人称複数では、撮影されたオブジェクトが複数である場合

例:”Alla festa si berrà birra e si mangeranno panini”(パーティーではビールを飲んでサンドイッチを食べる)

同じ原則を持つ別の例を見てみましょう:

“in vacanza si prende il sole e si leggono molti libri”(休日には日光浴をして多くの本を読むことができます).

最初の動詞では、SI passivanteの場合、動詞の直接の目的が受動節の主語に過ぎない場合

例:”Qui si studia l’italiano”(ここではイタリア語を研究しています)=Qui l’italiano è studiato(イタリア語はここで研究されています)(誰かによって、一般的に指定されていない人々によって)。

2)自動詞の単純な動詞

動詞が自動詞である(直接目的を取らない)場合、または推移的であるが目的を取らない場合、動詞は常に三人称単数である。

: “D’estate si va al mare”(夏には海に行く)

“in questo ristorante si mangia molto bene!”(このレストランでは本当によく食べる)

この最後のケースでは、使用される動詞は常に”mangiare”(食べる)であり、これは他動詞ですが、この文の中では何の目的もとらないので、三人称単数形で共役しています。

3)再帰動詞の単純時制で

動詞がすでに三人称単数に”si”(再帰代名詞)が含まれている場合は、繰り返し(si si)を使用する必要はありませんが、組み合わせci si! この場合、il動詞は、複数のオブジェクトが続いている場合でも、常に単数形です。

: 「Vacanza,ci si alza sempre tardi」(休日にはいつも遅く起きる)

「Prima di mangiare,ci si lava le mani」(食べる前に手を洗う)

4)複合時制(現在の完璧、完全な時制、未来の完璧な時制…)

–SI impersonaleが動詞”essere”を持つ動詞の前に補助動詞(移動動詞や状態動詞、再帰動詞や受動動詞のような)として、過去分詞は-i(または女性について話している場合は-e)で終わります。

例: 「あなたは最初に手を洗った場合にのみ食べることができます」(再帰動詞)(Y”(受動動詞)(あなたがダンプされてきた場合,あなたは素敵に見えるためにに美容師に行く必要があります)

“Quest’estate si è Andati In Portogallo”(自動詞)(この夏、私たちはポルトガル過去分詞は常に–o

で終わります例:”era un film triste e non si è riso per niente!”(悲しい映画だったし、私たちはまったく笑わなかった)

“Alla festa del direttore si è mangiato veramente bene!”(マネージャーのパーティーでは、私たちは非常によく食べました!)

–SI impersonaleが他動詞の前に直接目的語が続く場合、過去分詞は目的語と関連しています(したがって、-o、-a、-i、-eで終わる可能性があります)。 この場合、オブジェクトが複数である場合、動詞”essere”(to be)でさえ複数になります。

: “Non so lú ma qui non si è vista nemmeno una persona”(同じかどうかはわかりませんが、誰もここに来ませんでした)

“Il colpevole non è stato catturato perché non si sono analizzate bene tutte le prove”(証拠が適切に分析されなかったため、犯人は捕まえられませんでした)

“Purtroppo per questa patologia non si sono ancora fatti dei progressi”(残念ながら、この条件についてはまだ進歩はありません)

–si impersonaleがリンク動詞(それ自体では意味をなさないが、主語と主語の間にリンクを作成する動詞)の前 名詞(または形容詞)、”essere”(なる)、”sembrare”(見える)、”diventare”(なる)、”nominare”(任命/名前)…)のように、過去分詞は-i(または女性について話している場合は-e)で終わります。

例: “Una volta che si è diventati ricchi,la vita diventa più facile”(あなたが金持ちになったら、あなたの人生は楽になります)

“Se si è state amiche,si è andate almeno una volta a pranzo fuori insieme”(あなたが友人であれば、少なくとも一度は昼食に出ています)

5)同じ動詞を参照する別の代名詞を持つSI IMPERSONALE

他の代名詞va prima del si、順序で:代名詞+si+動詞。

例”-Quando si fa la cena? -La si fa quando tutti sono tornati a casa”

“Si è andati in vacanza a Parigi l’anno scorso e ci si è andati per celebrare un anniversario di matrimonio”(私たちは昨年パリに休暇に行き、結婚記念日を祝うためにそこに行きました)

“Non si dovrebbero avere dubbi sulle torte:le si è fatte bene!

「Non mi si deve prendere in giro!!!!!!!!!!!!」(ケーキについては間違いないはずです:彼らはよく行われました)

「Non mi si deve prendere in giro! ネ-オラ-ネ-マイ! O ci saranno conseguenze!”(あなたは決して私を楽しませてはいけません! 今ではない、今までではない! または結果があるでしょう!)

さて、私たちのレッスンは終わりましたが、疑問や質問がある場合はコメント欄でお知らせください! あなたは少しリラックスしたい場合は今、あなたは特に我々は自宅でより多くの時間を費やしているこれらの日に、あなたが見なければならない10

代わりに、毎日イタリア人が使用する真のイタリア語を学びたい場合は、私たちの本Italiano Colloquialeを読むことを忘れないでください!

Podcast:新しいウィンドウで再生|ダウンロード(再生時間:11:32—10.6MB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。